自家醸造の合法化をめざす会

このアイテムを評価
(0 票)

日本国内における自家醸造の合法化をめざして、語り合ったり情報交換し合う会。

自家醸造が合法化されれば、どぶろくやビール、果実酒を趣味で作る人たちの中から小規模醸造所を開きたいという人が増えていくと思います。すでにいくつかの醸造免許を取得した醸造所で作られた日本のビールが海外で高い評価を受けていますが、自家醸造の合法化によって、醸造所、醸造家の数が増え、さらに優れた品質のビールや果実酒、ワインなどが日本各地で生産され、地域や経済の活性化に良い影響を与えることが期待されます。

諸外国の状況を見てみると自家醸造が禁止されている国は宗教的な理由などで日本以外にもありますが、アメリカなどの欧米諸国では1950年から80年にかけて自家醸造が合法化されています。1978年に自家醸造が合法化されたアメリカでは、クラフトビールの生産が盛んになり、各地域にある小規模醸造所、そこで生産されたお酒を提供するバーやレストランを中心とした地域と経済の活性化にも繋がっています。

法律を変えることは簡単なことではなく、長い年月がかかると思います。キャンペーンに賛成していただける方、反対の方などなど色々な方面の方々からご意見を頂き、討論を重ね、このキャンペーンをより良いものとし、日本の今後の醸造の世界がよりよいものになっていく一歩となればいいなと思います。

[キーワード]
 自家醸造、どぶろく

[Day1: 2019-MM-DD Sun. HH:MM~]

TBA...

【 注意事項 】
※ お申込み前に、必ずお読みください。お申込みいただいた場合は、ご同意いただいたものとみなさせていただきます。
- 当イベントでは、アルコール飲料が提供されます。未成年者の参加や飲酒運転など法律に違反する行為は固くお断りいたします。
* 年齢制限 : 20歳以上
* お車でのご来場不可。駐車スペースはございません。また、飲酒運転は法律で禁止されています。公共交通機関をご利用ください。
当日の会場で、お客様が上記のいずれかに該当し、参加不可または途中退場と運営者が判断した場合、払い戻し・返金は一切致しません。あらかじめご了承ください。
また、会場エリアは全域禁煙、広場や遊歩道・道路も禁煙です。近隣住民への迷惑となる行為は絶対におやめください。

追加情報

  • 主催: 自家醸造合法化を考える会 Think about Home Brew Legalization in Japan
  • 開催周期: 不定期
  • 公式サイト: http://japanhomebrew.nongfu.world/
閲覧数 461 view 最終更新日 2019/04/16(火) 02:15

コメントする

アスタリスク(*)でマークされた項目は、入力必須です。すべて入力したか確認してください。

イベント案内★リマインダ通知(登録無料)

イベント開催情報を中心に、リマインダ通知案内&情報共有を目的とした各種ご案内をメールでお送りします。登録すぐ完了、配信無料!一括登録&お好きなものだけ選んで登録もできます。くわしくはこちらから。

Please enable the javascript to submit this form