~ニッポンの職人: 伝統工芸士・酒造り職人・ビール職人を応援★[製・販・消]の架け橋として文化啓蒙~機会創出~産業活性化を支援するための職人ファン交流サイト!

welcome!

石州和紙

石州和紙
¥0.00

Availability: 在庫切れ

島根県

和紙[国指定伝統的工芸品]

主な製品 : 障子紙、石州半紙、封筒、便箋(びんせん)、はがき、名刺
SHARE!!「これ知ってた?」「これ良くない?」「応援したい!」~情報をシェア(拡散)して産地&職人を応援しよう♪
概要

詳細

主要製造地域 : 浜田市三隅町、邑智郡桜江町

産地組合 : 石州和紙協同組合

展示施設・歴史館・資料館 :
 - 石州和紙会館 (島根県浜田市三隅町古市場589 三隅中央公園内)

石州和紙(せきしゅうわし)は、島根県の西部、石見地方で製造される和紙である。重要無形文化財、伝統的工芸品、無形文化遺産の指定を受けている。

石州和紙の中で特に石州半紙の名は広く知られた。

出典 : 石州和紙 - Wikipedia

石州和紙(石州半紙)は原料に楮・三椏・雁皮の植物の靱皮繊維を使用し、補助材料としてネリに「トロロアオイ」の根の粘液を使い、竹簀や萱簀を桁にはさんで「流し漉き」により、つくられます。

生産の最も多い石州半紙(楮紙)は地元で栽培された良質の楮を使用して漉かれ、微細で強靭で光沢のある和紙です。 かつては大阪商人が石州半紙を帳簿に用い、火災のときいち早く井戸に投げ込んで保存を図るほどの強靭性を持っています。

石州和紙には3つの種類があります。 [石州楮紙、石州三椏紙、石州雁皮紙]

出典 : 石州和紙 | 和紙 | 島根県 | 日本伝統文化振興機構(JTCO)

産地の現状・課題と方向性

~伝統的工芸品産業調査より(平成18年/2006年、石州和紙協同組合)

[振興・活性化の問題点]

  • 販路開拓が困難である
  • 後継者の確保が難しく人材が不足している
  • 消費者ニーズを積極的に収集し、製品を企画・開発していくことが難しい

[産地振興の方向性]

  • 伝統的工芸品産業に限らず、新しい技術との融合を図り、新事業分野に参入していきたい

関連リンク

島根県・石州和紙|全国手すき和紙連合会 - 石州和紙の紹介

石州和紙 認定伝統工芸士|日本の伝統工芸士 : 一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会


追加情報

追加情報

ブランド名かな せきしゅうわし
都道府県 島根県
伝統工芸品指定区分 国指定
指定名称 経済産業大臣指定伝統的工芸品 : 1989年(平成1年)4月指定
無形文化財 いいえ
地域団体商標 いいえ
レビュー

商品のタグ

ほかの人はこんなタグをつけています:

複数のタグを区切るには半角空白を、タグがフレーズの場合は「'」で囲ってください。