~ニッポンの職人: 伝統工芸士・酒造り職人・ビール職人を応援★[製・販・消]の架け橋として文化啓蒙~機会創出~産業活性化を支援するための職人ファン交流サイト!

welcome!

成島和紙

成島和紙
¥0.00

Availability: 在庫切れ

岩手県

[岩手県指定伝統工芸品]

主な製品 : こうぞ紙、便せんセット、和紙はがき、名刺台紙
SHARE!!「これ知ってた?」「これ良くない?」「応援したい!」~情報をシェア(拡散)して産地&職人を応援しよう♪
概要

詳細

主要製造地域 : 花巻市

産地組合 : 成島和紙生産組合

展示施設・歴史館・資料館 :
 - 成島和紙工芸館 (岩手県花巻市東和町北成島5区202)

成島和紙の特徴は、クワ科の落葉低木である楮(こうぞ)の皮を原料とし、「ノリウツギ」の粘りをまんべんなく混ぜ合わせ、簀桁で寒中に漉きあげることで、素朴で味わいのある独特の紙質の和紙が作られています。

東和町(現 花巻市)成島で和紙製造が始まったのは、近世上期の寛文元年(1661)以前とされ、50数軒もの農家が副業として生産にあたり、盛岡藩の御用紙や障子紙、提灯などの用紙として広く愛用されていた。今では成島和紙生産組合の代表者ただ一人がその技法を受け継いでいる。

出典 : 成島和紙|いわての文化情報大事典

東和町は岩手県のほぼ中央にあり、このあたりは宮沢賢治記念館や新渡戸稲造記念館のある文学の里でもあります。

現在は和紙工芸館が紙漉き体験場を兼ね備えた、成島和紙を伝承するただ一つの漉き場です。

出典 : 岩手県・成島和紙 | 全国手すき和紙連合会

関連リンク

岩手県・成島和紙|全国手すき和紙連合会 - 成島和紙の紹介


追加情報

追加情報

ブランド名かな なるしまわし
都道府県 岩手県
伝統工芸品指定区分 都道府県指定
指定名称 岩手県指定伝統工芸品
無形文化財 いいえ
地域団体商標 いいえ
レビュー

商品のタグ

ほかの人はこんなタグをつけています:

複数のタグを区切るには半角空白を、タグがフレーズの場合は「'」で囲ってください。