~ニッポンの職人: 伝統工芸士・酒造り職人・ビール職人を応援★[製・販・消]の架け橋として文化啓蒙~機会創出~産業活性化を支援するための職人ファン交流サイト!

welcome!

上川崎和紙

上川崎和紙
¥0.00

Availability: 在庫切れ

福島県

[福島県指定伝統的工芸品]

主な製品 : 草花入り和紙、ハガキ、壁掛け、バッグ、財布、座布団、壁紙、ほか
SHARE!!「これ知ってた?」「これ良くない?」「応援したい!」~情報をシェア(拡散)して産地&職人を応援しよう♪
概要

詳細

主要製造地域 : 二本松市

産地組合 : 上川崎和紙生産保存会

展示施設・歴史館・資料館 :
 - 二本松市 和紙伝承館 (福島県二本松市下川崎字上平33-1 道の駅「安達」内)

その起源は千年以上も前という上川崎和紙。平安時代には「みちのくの紙」として貴族社会で珍重され、公の儀式や贈答の包み紙として用いられたほど由緒があるという。

現在は安達町のはずれ、阿武隈川沿いに数軒の和紙漉きが残るのみ。楮の刈り取りから、天日干しまで一枚一枚手作業で行われている。小雪まじりの木枯らしが吹きすさぶ冬が紙漉きの季節。身を切るような冷たい水作業。そこから上川崎和紙独特の風合いが生まれるのだ。何より堅牢丈夫、揉んでもめったに破れることはない。質朴な味が好まれ、書画や民芸品の材料として人気が高い。最近は、草木で染め付けたものや紅葉を漉き込んだものなど、新たな技法も開発されている。

出典 : 福島の伝統的工芸品|福島県ホームページ

[阿武隈川の清流に育まれた伝統の技が今も残る]かつて上川崎は二本松藩丹羽領内の「地障子」という障子紙の生産地であった。楮を原料とする生漉き紙で、現在の和紙の原形ともいわれている。長い間、漉き上げる紙の種類はさほど多いものではなかった。しかし明治以降、日本の和紙は世界中で珍重されはじめた。著名な画家やデザイナーたちによって、インテリアや照明といった、今までにない利用法が見つけ出されると、上川崎和紙も自然と様々な種類を漉くようになっていった。

材料に工夫を凝らしたもの、原量に自然の色を加えたもの、工程の中で偶然うまれたものなど様々である。ここに紹介するのが現在造られている主なものだが、そのどれもが上川崎和紙の持つ独特のあたたかさに満ちている。

上川崎和紙は、紙の用途にもよりますが、ほとんどが楮(こうぞ)100%の和紙で、昔ながらの手漉き和紙の製法で漉かれています。 ほとんど全ての工程が人の手によって丹念に行なわれ、材料の楮も地元上川崎で栽培した楮を使用しており、素朴で暖かみのある質感 に魅せられる人も多く、芥川賞受賞作、東野辺薫の「和紙」のモデルにもなりました。

平成7年には「ふくしま国体」の表彰状として採用され、多くの方々に 喜ばれました。

出典 : 上川崎和紙 | 安達町教育委員会

関連リンク

福島県・上川崎和紙|全国手すき和紙連合会 - 上川崎和紙の紹介

上川崎和紙|ふくしま教育情報データベース


追加情報

追加情報

ブランド名かな かみかわさきわし
都道府県 福島県
伝統工芸品指定区分 都道府県指定
指定名称 福島県指定伝統的工芸品
無形文化財 いいえ
地域団体商標 いいえ
レビュー

商品のタグ

ほかの人はこんなタグをつけています:

複数のタグを区切るには半角空白を、タグがフレーズの場合は「'」で囲ってください。