~ニッポンの職人: 伝統工芸士・酒造り職人・ビール職人を応援★[製・販・消]の架け橋として文化啓蒙~機会創出~産業活性化を支援するための職人ファン交流サイト!

welcome!

月山和紙

月山和紙
¥0.00

Availability: 在庫切れ

山形県

[山形県ふるさと工芸品]

主な製品 : 巻紙、草木染セット、レターセット、短冊
SHARE!!「これ知ってた?」「これ良くない?」「応援したい!」~情報をシェア(拡散)して産地&職人を応援しよう♪
概要

詳細

主要製造地域 : 西村山郡

産地組合 :

展示施設・歴史館・資料館 :
 - 西川町 自然と匠の伝承館 (西村山郡西川町大井沢4110)

[日本画にも適した月山和紙は画家や画学生からの注文品も多い]国産の楮(こうぞ)だけを使い、薬品漂白は行わず、ソーダ灰による煮熱と製法と原料にこだわった手漉き和紙。昔ながらの月山判は30×78cmとサイズが小さく、地元楮100%の板干し自然乾燥です。また、地理的特徴を活かした和紙づくりを心がけ、山形の特産である紅花や、大井沢のブナ、ヤマブドウなどを取り入れた和紙を漉いています。

[寛永16(1639)年には岩根沢で漉かれていたという西山和紙]この地方の和紙づくりは、出羽三山信仰で賑わった江戸時代から西山和紙の名で漉き継がれていました。

出典 : 品目紹介(月山和紙)|山形県

かつて西山和紙の名で漉き継がれていましたが、昭和30年代の高度経済成長のあおりで紙漉きが激減し、存亡の危機に陥った際、飯野博雄氏が月山和紙と名称を変更し、その技術を独り守っていましたが、平成7年春、岩根沢での紙漉きは絶えました。

今は大井沢にある『自然と匠の伝承館』の紙漉き工房が月山和紙を受け継いでいます。

出典 : 山形県・月山和紙|全国手すき和紙連合会

関連リンク

山形県・月山和紙|全国手すき和紙連合会 - 月山和紙の紹介


追加情報

追加情報

ブランド名かな がっさんわし
都道府県 山形県
伝統工芸品指定区分 都道府県指定
指定名称 山形県ふるさと工芸品
無形文化財 いいえ
地域団体商標 いいえ
レビュー

商品のタグ

ほかの人はこんなタグをつけています:

複数のタグを区切るには半角空白を、タグがフレーズの場合は「'」で囲ってください。