~ニッポンの職人: 伝統工芸士・酒造り職人・ビール職人を応援★[製・販・消]の架け橋として文化啓蒙~機会創出~産業活性化を支援するための職人ファン交流サイト!

welcome!

江戸切子

江戸切子
¥0.00

Availability: 在庫切れ

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県

その他工芸品[国指定伝統的工芸品]

主な製品 : 食器、酒器、花器、食卓用品、置物、装身具、文具、日常生活用品

応援したい!
体験したい!

~体験ワークショップ開催情報募集~

コラボレーション&共創したい!

(準備中)

生産者・産地組合、支援団体の方へ

(準備中)

デザイナー&プランナーの方へ

(準備中)

SHARE!!「これ知ってた?」「これ良くない?」「応援したい!」~情報をシェア(拡散)して産地&職人を応援しよう♪
概要

詳細

主要製造地域 : [東京都]江東区、墨田区、江戸川区、葛飾区、大田区 [千葉県]市川市、千葉市、船橋市 [埼玉県]所沢市、草加市、飯能市 [神奈川県]川崎市 [茨城県]竜ヶ崎市

産地組合 : 江戸切子協同組合

展示施設・歴史館・資料館 :
 - 江戸切子協同組合 ショールーム (東京都江東区亀戸4-18-8 亀戸梅屋敷内)

わが国での製作は天保5年(1834年)に、江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻したのが初めてと伝えられています。

明治6年(1873年)、品川興業社硝子製造所(現在の品川区北品川4丁目)が開設され、明治14年には切子(カット)指導者として英国人エマニエル・ホープトマン氏を招き、十数名の日本人がその指導を受け、現代に伝わる江戸切子の伝統的ガラス工芸技法が確立されました。この頃からカット技術の進歩とガラス器の普及により、切子が盛んに作られるようになり、大正時代になるとカットグラスに使われるガラス素材の研究や、クリスタルガラスの研磨の技法が開発されるなどして、江戸切子の品質はさらに向上していきます。

大正時代から昭和初期にかけて工芸ガラスといえば「カットガラス」といわれるほど急速に、かつ、高度の発展を遂げ、わが国における第一次の全盛時代を迎えました。

出典 : 江戸切子|江戸切子協同組合

天保5年(1834年)に、江戸の大伝馬町でビードロ屋を営んでいた加賀屋久兵衛という人物が、英国製のカットグラスを真似てガラスの表面に彫刻を施したのが始まりと言われています。幕末に黒船で来航したペリー提督が、加賀屋から献上されたガラス瓶の見事な切子に驚嘆したという逸話が伝えられています。

明治時代には、英国人による技術指導によって、西洋式のカットや彫刻技法が導入されました。現代に至る精巧なカットの技法の多くはこの時に始まったとされています。江戸時代には、透明なガラスに切子が施されていましたが、現在では、「色被せ(いろきせ)」ガラスを使った製品が主流となっています。

出典 : 江戸切子 | 伝統的工芸品 | 伝統工芸 青山スクエア

産地の現状・課題と方向性

~伝統的工芸品産業調査より(平成18年/2006年、東京カットグラス工業協同組合)

[振興・活性化の問題点]

  • 後継者の確保が難しく人材が不足している

[産地振興の方向性]

  • 伝統を守りながら、これをさらに高めていきたい

事例&ヒント

[事例]

「自分が作った作品を、そこで暮らす人が毎日数回は触れてくれる。作り手にとって、それ はすごく嬉しいこと」――。江戸切子の匠、鍋谷淳一さんとアーツ&クラフツ商会とのコラボレーションによって生まれた「江戸切子の照明スイッチ」は、現代の住空間にどのような光をもたらすのだろうか。

引用元 : 現代空間を照らす江戸切子のスイッチ|アーツ&クラフツ商会 第1回

[ヒント]

関連リンク

江戸切子 認定伝統工芸士|日本の伝統工芸士 : 一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会

江戸切子(えどきりこ) 東京の伝統工芸品|東京都産業労働局


追加情報

追加情報

ブランド名かな えどきりこ
都道府県 東京都
伝統工芸品指定区分 国指定
指定名称 経済産業大臣指定伝統的工芸品
無形文化財 いいえ
地域団体商標 いいえ
レビュー

商品のタグ

複数のタグを区切るには半角空白を、タグがフレーズの場合は「'」で囲ってください。