~ニッポンの職人: 伝統工芸士・酒造り職人・ビール職人を応援★[製・販・消]の架け橋として文化啓蒙~機会創出~産業活性化を支援するための職人ファン交流サイト!

welcome!

南部鉄器

南部鉄器
¥0.00

Availability: 在庫切れ

岩手県

金工品[国指定伝統的工芸品]

主な製品 : 茶釜、鉄瓶(てつびん)、花器
SHARE!!「これ知ってた?」「これ良くない?」「応援したい!」~情報をシェア(拡散)して産地&職人を応援しよう♪
概要

詳細

主要製造地域 : 盛岡市、奥州市

産地組合 : 南部鉄器協同組合

南部鉄器(なんぶてっき)は、岩手県南部鉄器協同組合連合会の加盟業者によって作られている鉄器。74の事業所に730名(推計)の従事者がおり、年間生産額は約92億円。

1975年(昭和50年)2月17日に通商産業大臣指定伝統的工芸品(現・経済産業大臣指定伝統的工芸品)に指定された。伝統工芸士は21名しかいない。

出典 : 南部鉄器 - Wikipedia

17世紀初め、現在の岩手県盛岡市を中心とした地域を支配していた南部藩が、盛岡に京都から茶釜職人を招いたのが始まりです。

その後、各地から多くの鋳物師、茶釜職人を南部藩に呼び寄せ、武器や茶釜、日用品を作らせました。有名な南部鉄瓶は18世紀になって茶釜を小ぶりにして改良したのが始まりで、手軽さから広く用いられるようになりました。

一方、伊達藩の支配下にあった現在の岩手県奥州市にあたる地域でも、日用品の鋳物の生産が盛んで、明治時代以後は両産地の技術交流が進み、昭和30年代には盛岡と奥州両方の土地で作られた鋳物を総称して南部鉄器と呼ぶようになりました。

出典 : 南部鉄器 | 伝統的工芸品 | 伝統工芸 青山スクエア

関連リンク

南部鉄器 認定伝統工芸士|日本の伝統工芸士 : 一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会


追加情報

追加情報

ブランド名かな なんぶてっき
都道府県 岩手県
伝統工芸品指定区分 国指定
指定名称 経済産業大臣指定伝統的工芸品 : 1975年(昭和50年)2月指定
無形文化財 N/A
地域団体商標 N/A
レビュー

商品のタグ

複数のタグを区切るには半角空白を、タグがフレーズの場合は「'」で囲ってください。